生産性を上げるコツは「野生を思い出す」こと。

 

「生産性。時間の有効活用。」

自分で起業をしたり、副業を始めたり、

ビジネスを軌道に載せたいと言うとき、

 

とても大切な、キーワードですよね。

 

 

人生の質は、

時間の使い方で決まります。

 

 

ダラダラとYouTubeをみたり、

なんとなくゲームをしているときも、

どこかの誰かは、一生懸命に

勉強や仕事、練習をしているものです。

 

 

でも、

理想の未来を実現したいなら、

 

何か自分の好きな時間を削って、

勉強や行動、努力に時間を当てないと

いけないことくらい、

 

みんな理解しているはず。

 

でも、

 

わかっているけど、できない。。。。

つい誘惑に負けてしまう。

 

ものです。

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

もし当てはまるなら、

今日シェアする内容、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

◆野生に戻ろう!!笑

 

やりたいけど、行動できない。

つい別のことをしてしまう。

やる気が起きない。。。

 

そんなときって実は、

 

「あなたの潜在意識」が

深く関わっています。

 

 

つまり、

 

「頑張りたい、、と思ってはいるけど、

 心のどこかで、

 頑張らなくても人生どうにかなるから、

 好きなこと、楽なことをしていたい・・・

 と思っている」

 

と言うことです。

 

 

なので、

頑張りたいと考えはしたけど

本心では頑張りたくないと思っている。

 

という、

二重人格のような現象が

起きてしまっているんですね。。。^^;

 

 

◆犬と猫の話

 

よく、ペットの「犬と猫」の話で、

 

 

もし、飼い主の人間がいなくなったら、

 

犬は、息絶え絶滅するが、

猫は、飼い主がいなくても生きていける。

 

と言われています。

(実際のところどうかはわかりませんが。笑)

 

 

なぜ、そんな違いが生まれるかというとこ、

 

「人に飼い慣らされた犬は、

エサの取り方がわからない、

猫は、人に飼われていても、

本能的に、自分の餌の取り方を覚えている」

 

という生き物の本能の違いから

生まれると言われています。

 

人に飼い慣らされてしまった犬は

野生では生きていけない。。。

ということです。

(実際のところどうかはわかりませんが。笑)

 

 

これって僕たち人間にも

同じことが言えると思いませんか??

 

◆経済社会の話

 

今の社会、

お金があれば生きていけます。

 

国としても

国民に「納税の義務」という

義務を与えることで

 

「お金」という概念が

当たり前となるように植え付けています。

 

働いてお金を稼ぐことを日常にし、

働けない人には、「生活保護」まで与えて

最低限の生活ができる権利はくれています。

(日本では、、)

 

そんな社会で生まれる子供も、

 

当然、最低限の

親がお金を持っているので、

何不自由なく食べられている子供が

実際は多いはずです。

 

 

生まれた時に

 

野生で生まれた動物みたいに、

エサの取り方なんて、

教えてもらわないし

教えないですよね??笑

 

まず教えてもらうのは、

人間社会で生きていくための方法。

 

それが最終的に

たどりくゴールは、

 

「お金があれば生きていける」

 

という刷り込みを人に植え付けることで

経済社会の成り立ちが崩れないように

しているだけ。。です。

 

 

なので、

会社員として働いていても

お金が定期的に入ってくる。

 

という安心感から、

 

言い方は悪いですが、

「飼い慣らされた犬」のように

自分で餌を取らなくても

 

その会社での役割だけ全うすれば

「生きさせてもらうことができる」

 

という現状が生まれてしまうので、

 

頑張りたいと思っても

頑張る理由がないから

頑張れなくなる。

 

それが答えかなと思っています。

 

 

(一応、起業やビジネスに寄せて書いているので、

 「差別などによる貧困の家庭や世界状況」

 までは、考慮して書いてないので、

 その辺の話題はなしでお願いします)

 

 

逆に、もし、

あなたが「野生」で生きているとしたら、

 

 

まず、生まれて物心ついた時に

教えてもらうのは、

 

「食事の確保の仕方、貯蔵の仕方」

「家族やコミュニティと助け合うことの大切さ」

 

から始まると思いますし、

 

おそらく、

毎日のように、

 

朝起きたら山にでかけ、川にでかけ、

家を補強したり、試行錯誤して罠をしかけたり、

身を守るための柵を考えたり、、、

 

そんな生活になると思います。

 

貯蓄もないのに

ごろごろダラダラしているものなら、

死に絶えてしまうのは目に見えています。

 

会社という組織がないので、

毎月、同じ日に食料がどさっと供給されることなんて

ないわけですから。

 

 

考えて行動しなければ、

死んで、

虫や、他の動物の栄養になる。

 

それで終わりです。

 

 

だから、昔の人ってすごいですよ。

 

 

今の僕たちみたいに

家も、道具も揃ってない時から、

 

毎日、野原にでかけ、

マンモスや鹿、鳥を追い回して、

 

少しでも、怪我なく、犠牲なく、

捕まえるために試行錯誤して、

 

すこしでも安全に、便利に暮らすためにと

今の文明を少しずつ築き上げています。

 

 

休んでいる暇なく、

毎日それが当たり前だったはずなんです。

 

 

だから、

考えてみてください。

 

 

もし、

「会社」という価値観がなくなって

働き口そのものが世界中から消え、

求人という概念もなくなったとしたら

あなたはどうやって生きていきますか??

 

それでも、

 

他人の愚痴をいったり、

人と関わるのを拒み、

誰かが一生懸命捕まえた獲物を横取りして横柄な態度で

生きていきますか?

 

 

もしそうなったら、

そんな自分ではいきていけないので

しなくなる、行動する、と思いませんか?

 

人それぞれ、

自分の命を自分で守る。

 

最低限、必要なそのスキルを

身につけていくと思います。

 

 

自分の命を自分で守る

自分の幸せを自分で守る。

 

 

僕はそれを自立。

と考えていますが、

 

もうすぐ、そんな

「自立・自律」の時代が間違いなく

やってきます。

 

 

今の文明をそのままに活用しながら

野生で生きていた頃の

「人の本能・本質」を最大限に発揮しないと

成長ができない時代です。

 

 

これからの時代を生きるために

あなたが身につけ、

思い出さないといけないのは、

 

技術でもテクニックでもなく、

 

「どんな環境に身を置かれても、

 人と協力して窮地を切り抜けるための

 教養と人間性」

 

だと思っています。

 

 

今の現代に、

その「人が野生で持っていた本能」を

合わせることで、

 

現実は動き出し、

理想は実現し、

地球が変わっていきます。

 

 

 

野生で生きていく感覚を

日々磨いていくことで、

 

行動力が自然と上がるので、

生産性も徐々に上がっていきます。

 

 

半分以上、自分に向けてのメッセージ。笑

がんばれ 俺!

 

 

 

毎日一歩ずつ

勇気ある行動を意識しよう!

 

ではです(⌒▽⌒)

 

森山

 

 

< my misson >

関わる全ての人を

ポジティブな状態へと導き、

公正公平な関係性を築きながら

人々が「自己の喜び」を実現するめの

調和を生み出す。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です