2023年、

 

今日から本格的に、

僕も稼働をスタートします!

 

 

 

これからの時代、

AIが、世界を先導する時代に入ると

 

言われていた、2040年代。

 

 

 

もう前倒しで

2025年には、AIの時代が本格的に

始まってもおかしくないほど、

 

進化は進んでいるそうです。

 

 

 

 

ただ、ただ、作業をこなしていたような

 

クリエイター。

コンサルタント

弁護士、

会計士、

プログラマー

などなど。

 

 

 

知識を覚えて、

パソコン上や、

頭の中で答えを導き出すことで

 

価値提供をしていた仕事は、

 

 

すべて、

 

 

AIにとって変わられるように

なっていきます。

 

 

 

 

だから、

 

これから懸念されている

一つのこととしては

 

 

「何をして働けば良いのか

分からなくなる人が

どんどん増えてくる」

 

ということ。

 

 

 

だって、

今自由な働き方として注目される

 

・アフィリエイト

・デザイン

・ライティング

・プログラミング

 

正直言って、

AIの方がすでに優秀です。

 

 

 

AIって、

 

すごく簡単にいうと

 

ネット上にある膨大なデータを

解析分析して、

 

目的に沿って、

行動パターンを

組み立て直すことで

 

 

その時々の

オリジナルの

最適解を導き出すようになっています。

 

 

 

 

ネット上には、日々、

いろんな人に書き込み

 

投稿、広告、デジタル商品。

 

 

 

そのようなAIにとっての

「データ」が増えていて、

 

新しく増えたデータを元に、

毎分ごとに

 

進化していってます。

 

 

 

 

人間で専門家と言われる人も

毎分新しい情報を元に

 

やり方、や考え方を更新している人なんて

存在しないというか、

 

そこまでいくと、

人間の能力ではもはや不可能レベル。

 

 

 

誰が、

AIに勝てるん?

 

 

 

となっていくわけです。

 

 

 

 

 

だからこそ、

 

これからは、さらに

 

人間は試されていきます。

 

 

 

 

人でないとできないこと。

AIでないとできないこと。

 

 

 

 

よく、あり方や、行動指針を

 

教えるときにも

 

「人として考えて、それおかしいよね」

 

という言葉が使われることがありますが、

 

 

 

 

これからは、本当に

 

 

その「人として」という部分を

 

知識だけでなく、自分の心の内側の世界で

実現をしていく必要があります。

 

 

 

 

なぜなら、

 

日々の、面倒な作業、ルーティンワーク、

知識があればできること

 

は全てAIができるようになるので、

人がやらなくてよくなる。

 

 

 

すると、

 

人は次に、どこへ進んでいくのかというと、

 

「感情面、スピリチュアル性、精神世界の探求

人体の新しい可能性の研究」

 

そんな方向に向かっていきます。

 

 

 

 

科学が発達してくる前の

 

 

・宗教世界のようなコミュニティー。

・地方のようなまとまりあるコミュニティー感。

・神へコンタクトするための生活。

・地球では実現できなかった物理法則以上の法則の応用。

 

 

そんなことを、研究、開発する

ようになっていきます。

 

 

 

人間の時代が戻る。

 

人間が今の文明を基盤とした

人としての生き方を思い出す。

 

 

 

そんな時代になるとか。

 

 

 

さて、

 

2023年、もうスタートしましたが、

 

やはり、

 

どんなビジョンを持って、

 

どんなことに貢献をして

 

どんな生き方を選んでいくのか?

 

 

 

 

これらは、

やはり、すごく大事。

 

 

 

 

 

月商〇〇万円!

 

のような数字的な目標でなく

 

人と人がよこ一直線につながる、

 

人の感情や精神性によりそっている

組織や事業が、

 

今後はどの業界でも残っていくと

思います。

 

 

 

より、人として、地球、宇宙の一員として

 

日々を、誠実に、人間らしく生きていきましょう^^

 

 

また、

良い2024年を迎えるために。

 

森山恭平

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です